老後資金と老後の生活マニュアル

余裕ある老後生活のための豆知識と簡単にできる在宅副業ブログ

つみたてNISA

毎月1万円の貯蓄をNISAで行うと30年後には222万7千円も運用利益が発生する

月に1万円を毎月30年間貯蓄すると200万円以上の利益が出る 30年間、毎月2万円を積み立てたらどうなるのか? 投資信託のデメリットと投資信託の利回り3% タンス貯金をするのなら毎月数千円からでも投資信託をすべき 例えば22歳から毎月1万円の貯金を30年間続…

【銀行の金利と投資信託の利回りの比較】毎月5万円を運用したら銀行とイデコの差はどの程度?

確定拠出年金の平均的な利回りは? 銀行の定期貯金の金利は? 銀行の金利とiDeCoの10年間の運用益を比較してみた結果 銀行と投資信託で毎月5万円を10年間運用した比較のまとめ ゆうちょ、みずほ銀行、りそな銀行など大手金融機関の定期貯金の金利は0.01%で…

【ミドル世代の老後資金】45歳から毎月4万円を投資信託で運用するとどうなる?

40歳夫婦の平均貯蓄額は940万円 45歳から毎月4万円を投資信託で運用した結果 夫婦で毎月6万円を積み立てNISAで運用したらどうなる? 45歳で貯蓄0円でも老後資金2000万円は可能 生命保険と通信費の見直しで月に3万円は作れる 45歳からでも十分に貯蓄は可能の…

1万円を30年間も定期貯金で貯蓄した結果は?

1万円を30年間預けたらどうなったか? 最初の3年間での利息がほとんどの状態 同じ条件で積み立てNISAだとどうなるのか? 副業をするしかない現状 ネットのニュースでの話ですが、今後の資産運用を考えてる方にとっては、結構大事なヒントがあるので、今回は…

つみたてNISAが20代女性におすすめの在宅投資である理由

つみたてNISAが女性に向いている理由 20代や30代の女性はの積み立てNISAが合っている 積立NISAのリスク 学資保険よりも積み立てNISA

少額投資をすることで「お金に敏感な考え方」になり結果的に収入が増えます

少額投資のハードルは実は簡単に乗り越えることができる 少額投資をすることで経営者的な考えになる 少額投資をすると自然にお金が増える 少額投資を勧めるまとめ 当ブログでは副収入のための色んなアイディアや投資方法をご紹介しています。 副業のバイトで…

【20代の投資信託】投資信託を貯蓄と割り切れば効果が絶大な理由

つみたてNISAのメリット ①高い利回り ②非課税 ③長期運用だからこその低リスク つみたてNISAのデメリット つみたてNISAを投資ではなく貯蓄と割り切る理由のまとめ 当ブログでは投資信託、つみたてNISAについて何度も熱く語っています。 つみたてNISAは、特に…

国内株式投資で「ニッセイTOPIXインデックスファンド」をすすめる理由

純資産残高 運用方針 個人的な見解 ファンドは学べば学ぶほど面白いし奥が深い! 基本的に外国株式の方が良いかな?とは思ってはいますが、やはり自国の日本の株も投資信託で選ぶ必要があります。 それは同じ日本での株なので分かりやすい!ってことだと思う…

今年2番目の下げ幅の株価暴落があったけどNISAや資産運用はどうなったの?

つみたてNISAとiDeCoはどうなったのか? FXとスワップポイントはどうなったか? バイナリーオプションはどうなったのか? 3月資産運用の金額まとめ「途中経過」 3月8日は東京株式市場で日経平均株価が大幅に続落しました。 終値は430円安で今年2番目の大幅な…

養老保険と終身保険に入るなら貯蓄と定期保険に分けたほうが得な二つの理由

生命保険には3種類ある 定期保険とは? 貯蓄型生命保険の養老保険と終身保険とは? 生命保険にはペイオフがない 貯蓄するのならNISAなどで運用 生命保険がダメな二つの理由とまとめ 生命保険の勘違いでお金を無駄にしてる方が多いです。 40代や50代の方に多…

NISAなどの投資信託は急にお金が必要でもいつでも売却可能

売却しても翌月から再開 長期でNISAを休みたい場合 積立額の変更や減額 売却時に注意! NISAは気軽に始めよう あー・・・困った! 今月どうしても大きな出費があるけど・・・でも貯蓄はすべて投資信託に回してるんだよね。 そんな場合は売却の一手しかありま…

毎月5万円を積み立ててNISAで運用するだけで老後資金は安泰

月の平均貯蓄額3万円をつみたてNISAで運用 なぜ資産運用しないのか? お金を失う不安がある つみたてNISAは若い頃はイマイチわからなかったりしませんか? そりゃあ20代で自分の老後なんか想像できません! ましてや今お金がないのに・・・どうするの? そん…

【20代】若い世代は「積立NISA」にチャレンジしたら有利!

複利での積み立てで40年後に大きな差 積立NISAは購入時の手数料が無料 非課税期間は若いから活用できる 資産作りを自動化することが大事 若い頃に始める積立NISAのまとめ 将来のために貯蓄、何かのために貯蓄・・・でも今は銀行にお金を預けても、缶ジュース…