サラリーマンのための副業・複業・投資・資産運用ブログ

借金ですべてを失ったサラリーマンが投資で稼ぐための日常

貰える年金の検証!サラリーマンが副業や投資で老後資金を稼ぐことは可能なのか?

f:id:hennsaisurude:20180424165615j:plain

底辺サラリーマンのキッスです。

借金が800万円以上あります。

 

そんな底辺の、またまた底辺のサラリーマンですが・・・「個人再生」で人生のやり直しを考えています。

 

一時期は諦めていた「老後の生活」も気になり始めて・・・先日色々調べたら・・・

 

実は・・・自分自身が65歳から貰える年金が月に12万しかない事に驚愕しました!

 

年金が’毎月12万円・・・て金額にピンと来ないかもしれませんが、貯蓄がない場合は12万円で1カ月暮らす必要があります。

 

じゃあ毎月の支出はどの程度?

どのくらい足りないの?

給料以外で稼ぐ方法はないの?

 

今回はそういった部分にポイントを当てて「今後、自力で資産を増やす方法」そして「10年間の目標貯蓄額」などをブログ記事にしてみます。

 

大事な問題は老後の支出額の把握 

実際に年金がもらえるとされる65歳からの高齢者の「支出」はどの程度なんでしょうか?

そんな疑問をまずは表にまとめてみました。

老後の生活費比較

f:id:hennsaisurude:20180515103437j:plain

※政府統計ポータブルサイトと生命保険文化センターの「平成28年度生活保障に関する調査」を参照としました。

 

このような結果になります。

結構シビアな数字です・・・

生きるだけのギリギリの生活だと月に11万円、普通の生活だと月に16万円程度と、大体の月の生活費が必要ということです。

 

この表を見ると住宅費が月に2万円なので・・・少なくとも「2万円以下の家賃」のところで暮らしたと想定してこの数字なので・・・実際はもっともっと難しいのがわかると思います。

 

まとめると「2万円以下の家賃の部屋で暮らしたとして、毎月16万円は支出で必要」ということになります。

 

老後にもらえる年金額は? 

f:id:hennsaisurude:20180315183216j:plain

当然、今後自分で支払っていく年金額も影響してきて、もらえる年金は個人差はありますが、目安としてのあくまでも一般的な年金受給額を出してみます。

 

その、もらえる金額はおおよそ14.7万円となっています。

 

なので、毎月14万円程度だと考えたらいいとは思いますが、実は男女で結構な差があります。

 

女性の場合は結婚などの理由で、会社勤務をしない方もいるので、そういう意味で厚生年金の金額は男性より低くなっていることが多いので要注意です。

 

夫婦でもらえる合算の年金額は? 

ちなみに結婚された場合の老夫婦の年金受給額は夫婦で22万円程度なので、一人当たり11万円が年金受給額と考えていいかと思われます。

 

一人当たり平均して11万円です。

 

これに先ほどの「一ヵ月の支出額」を参考にして比較すると・・・夫婦で済んでるので家賃など多少は割安になるとしてもかなり厳しい状況と言うのがわかります。

 

老後にどれだけ足らないのか計算してみた 

f:id:hennsaisurude:20180226141343j:plain

まずは普通に暮らすとどの程度足らないのか?それを計算したいと思います。

 

毎月これだけ足りなくなる!

平均的な生活16万円 ー もらえる年金額11万円 = 毎月5万円不足

なんと!

年金だけだと、毎月5万円が足りないことになります。

 

毎月だとわかるけど・・・それがいつまで続くのか?

 

日本の平均寿命は女性87歳、男性85歳と言われています。

年金がもらえる65歳からの約20年間は、自営業などでの収入がないと当然ですが年金だけの生活になります。

 

足りない金額毎月5万円 × 平均寿命まで20年間 = 1200万円貯蓄が必要

 

平均寿命をまっとうするまで・・・もらえる年金だけだと「総額1200万円不足」ということになりました。

  

借金はあれど1200万円も貯金がない状態の、僕みたいな方いらっしゃいますか?

 

老後のために、今のうちに稼ぐ 

老後資金のために稼ぎたい!でも・・・今は給料でかつかつで貯蓄なんてできない・・・そんな方は多いと思います。

 

僕もそうですし・・・おまけに借金まであります。

 

といってもどうにかするしかない!どうにかした人が勝つ!

ということでここ何か月か資産運用について考えてみました。

 

期間は10年として1段階目の貯蓄1200万円で達成とします。

2段階目はさらに上積みです。

 

マイ計画!こうやってお金を増やす! 

①NISAで増やす→590万円

NISAでシュミレーションしてみました。

NISAは年間40万円までは非課税となります。

ねので月額3万円、利回り3%、期間は10年で試算してみました。f:id:hennsaisurude:20180601102732j:plain

毎月3万円の積み立てで410万円ゲット!

もちろん元金割れもある商品ですが・・・410万円で計算します。

残り590万円 

iDeCoで増やす→290万円

最近流行りのiDeCoですが、こちらは毎月2万3千円の積み立てで10年間運用としてシュミレーションしてみました。

 

10年後の受取額は約290万円の見込みとなります。

それ以外に毎年の控除額はMAXで55,000円ほどになります。

iDeCo(イデコ)は生命保険の控除と同じで、毎年の源泉徴収額から掛け金が控除されます。

 

当然マックスじゃないと思うので希望を入れて控除は2万円ほどと考えます。

 

2万円 × 10年 = 20万円が節約!(還付)

この20万円は10年後の試算に入れず、自分の小遣いとします。

 

ここまででNISAに・・・毎月3万円の掛け金

さらにイデコで・・・毎月2万3千円の掛け金

合計で毎月5万3千円の掛け金となります。

 

それで10年後に得るお金は・・・2つ合わせて880万円。

 

10年後の1200万円の目標には320万円足りません・・・

 

③ネット収入で増やす→360万円

投資型の貯蓄だけでは、さすがに資産を増やすにも限界があります。

多少無理をしてでも資産を増やすなら、投資だけではなくて副業的な収入も考えなくてはいけません。

 

僕の場合はブログなどのネット収入で最低でも毎月3万円、まずは年間36万の目標とします。(実際はもっと上を目指します)

 

このネット収入を10年続けたとして・・・360万円です。

 

④投資で増やす→600万円 

一度失敗した投資を再開するのは抵抗がありますが・・・お金を「普通以上に」増やそうと思うと、やはり投資は避けて通るわけにはいきません。

 

投資と言っても「株式」「FX」・・・など色々あります。

最近話題の「仮想通貨」もそうです。

 

それに普通の売買だけでなく「オプション取引」など色々あります。

今は「スワップポイントを利用したFX」なども考えてはいます。

 

こんな感じで・・・かなり・・・かなり悩んでいますが「具体的な方法」は、まだ定まっていません。

 

投資でできれば投資額50万円ほどで、毎月10%程度の利益として「5万円」ほど稼げたら・・・と考えています。

 

これだと年間60万円、10年で600万です。

 

欲を言えばもう少し行けそうですが、過去の失敗の経験から「堅実な数字目標」で、このくらいにしておくのがいいと思います。

 

詳しくは僕のもう一つの運営サイトで書いています。

ぜひご覧ください! 

www.hensai.online

計画通りにいけば10年で1840万円! 

f:id:hennsaisurude:20180226174219j:plain

こんな感じで「今後10年」の計画を立ててみました。

 

実際の夢は「10年で1億5千万円の資産作り」ですが・・・計画通りいけば「10年で1840万円」になります。

 

でもまずは現実的な目標として「老後生活に必要な資金を10年で1200万円貯める」・・・これを10年で作ろうと思います。

 

このブログは、資産運用などで大借金を作ったサラリーマンが、人生の再出発の日々を記録していくブログなります。

 

今日から10年後に向けてブログスタート!

 

応援よろしくお願いします。