老後資金と生活費と老後の生活マニュアル

余裕ある老後生活のための豆知識とスマホでも簡単にできる在宅副業ブログ

【FXのレバレッジは何倍がいいのか?】FX初心者のためにレバレッジの設定について解説します

f:id:hennsaisurude:20190109102711j:image

【FXのレバレッジは何倍がいいのかのまとめ】

FXのレバレッジって何となくわかりますよね?

資金の何倍の取り引きができるか?

それがレバレッジです。

 

でも何となく分かってると、なんとなく損してしまうのがFXの世界です。

 

今回はFXにおけるレバレッジと、どの程度のレバレッジが理想なのか等をブログでまとめてみました。

 

 

FXのレバレッジとは?

元来、取引とは自分が持ってる資金(お金)内で取引を行うのが’普通です。

例えば・・・持っているのが100万円の資金なら、当然100万円の物しか買えません。

 

でもFXの世界ではそうじゃありません。

 

FXでのレバレッジとは、担保となる手元の資金(取引保証金)にレバレッジという倍率をかけて運用できる、FX独特のシステムです。

 

難しいですよね? 

簡単に言えば手持ちの実際の資金の何倍もの取引ができるってことです。

 

例えばレバレッジ100倍とかだと・・・

手持ちの資金が100万円でも1億円の物が買えます。

言い換えれば1億円の取り引きができるという事です。

 

レバレッジがあることで100万円しか資金がないのに、8000万円で買って9000万円で売ることが可能ってことにになります。

 

こうなると100万円の資金で1000万円儲けることが可能です。

これがレバレッジをかけた取引です。

 

日本国内のレバレッジは25倍

レバレッジでの取引は、自分が持ってる資金より大きなお金が動くので儲かればいいですが・・・実際は大変危険です。

 

そういうこともあり日本では25倍までの制限がかかりました。

でも海外では500倍のレバレッジなどの証券会社もあります。

 

500倍となると恐ろしい金額での取引となりますが、その見返りも大きいので魅力はあると言えます。

 

レバレッジのデメリット

レバレッジが大きいとデメリットがあります。

それは儲けも凄いけど、損失もそれだけ増えるという事です。

 

今回はレバレッジ1倍と100倍での運用を例にして説明します。

 

レバレッジ1倍のパターン】

例えば100万円の資金でレバレッジ1倍で、ドル円を1万ドル購入したとします。

(1円=100ドルとします)

 

この場合・・・ドル円が安くなり、円が高くなり・・・円高となり

例えば、1円=90ドルになるとします。

 

こうなると手持ちの1万ドルが9000ドルになります。

1000ドルの損失なので、100万円のうち、10万円の損失という事になります。

 

レバレッジ100倍のパターン】

次は資金100万円でレバレッジ100倍の場合です。

この場合は100万ドル購入できます。

日本円で1億円です。

 

さて、この場合1円が90ドルになって10ドルの円高になったら

手持ちの100万ドルが90万ドルになります。

 

なんと・・・1000万円の損失です!

 

資金100万円で運用しましたが、それ以上の1000万円の損失となります。

これがハイレバレッジの世界です。

 

ここで疑問があります。

資金100万円で1000万円の損失・・・

 

そんなの払えないよ!

でも証券会社は・・・それは回収しないと困るわけです。

 

ここでそんな事にならないように、ロスカットというシステムがあります。

ロスカットとは

先ほどの例で説明します。

 

レバレッジ100倍のパターン】

資金100万円でレバレッジ100倍の場合。

1000万円の損失になります。

 

当然そんなお金はないので、あくまでも証券会社に預けた資金内で処理を行います。

この方の場合は100万円の資金なので、その100万円内での取引です。

 

なので円高に動いたとしても・・・

 

1円が90ドルになる前の99ドルの円高で資金の没収の強制決済が行われます。

レバレッジが高ければ、たったの1ドルの変動でも100万円が消えるのがこのロスカットです。

 

証券会社はあなたに、ロスカットの前に追加で資金を入れてください!

そうじゃないとロスカットになりますよ!

と連絡はあります。

 

ここで入金すれば追証と言います。

入金できなければ強制決済のロスカットになります。

 

レバレッジに設定するメリット

 

レバレッジ(1倍~5倍程度)の場合は、多少の為替変動があってもロスカットはありません。

 

例えば1倍のレバレッジの場合は等価なので・・・例えばアメリカドルが0円になれば資金を全部失いますが、実際はそういう事は考えにくいです。

0円の通貨価値なんかないですよね。

 

レバレッジにすることで、仮に損失が出たとしても辛抱強く待っていればいつかは損失を取り戻せる可能性も出てきます。

 

これがロスカットがない強みです。

 

レバレッジでスワポ狙い

 

スワップポイントってご存知でしょうか?

通貨別の金利差で付与される金利の事です。

 

例えば僕も保有してるトルコリラは、1万通貨保有してるだけで毎日100円程度の金利がつきます。

そう毎日です。

 

なので一ヵ月保有してると3000円程度金利です。

そして1万通貨をレバレッジ1倍で保有するには・・・20万円程度あれば大丈夫です。

 

20万円で毎月3000円の金利・・・

これがスワップポイントのうま味です。

 

でもハイレバレッジだと、トルコリラの価格が下がれば下手すればロスカットされてしまいます。

これが低レバレッジだと・・・ロスカットはされずに金利差に変更がなければずっと高金利が手に入るわけです。

 

これが夢のスワップポイント生活です。

 

FXのレバレッジの設定方法

 

始めてFXをされる方は・・・

どうやってレバレッジを決めるんだよ?

 

そう思うかもしれません。

レバレッジは自分が決めるのではなく、FX口座にある資産額で自動で決まります。

 

例えば100万円の資産があり、1ドル100円の時に1万通貨買えば・・・

自動的にレバレッジは1倍です。

 

もし2万通貨買えばレバレッジは2倍となります。

このように自分の資産残高で決まってきます。

トップの画像を参考にしてみてください。

 

もし低レバレッジでFXをしたいのなら、十分な資金を用意する必要がありますね。

 

大金を稼ぐための高レバレッジ、堅実に稼ぐ低レバレッジ・・・

じっくりと考えて自分に合った手法でFXに挑んでください。

 

こちらのブログ記事も参考にどうぞ! 

www.okane.online

 

いつも応援ありがとうございます。