サラリーマンFPがおすすめする【副業・投資・資産運用】ブログ

ファイナンシャルプランナーのサラリーマンが副業や投資で資産を作る日常

【EU離脱案否決とバイナリー】EU離脱案否決を狙ったバイナリーオプションで22万円の大損失と結果

f:id:hennsaisurude:20180330163105j:plain

お金返して!・・・そんな気持ちになった悪夢の二日間でした。

週明けの月曜日にバイナリーオプションで大きく損失を出しました。

 

原因は分かっていますし前兆もありました。

月曜日と火曜日の二日間のトレードについてまとめるので、バイナリーオプショントルコリラに興味がある方は反面教師として参考にしてみてください。

 

前兆はスワップポイントがなくなったこと

前兆はあったんです、それはトルコリラスワップポイントがなくなったことです。

先週までの動きやトルコでの地方選挙の動きもあるので、19円台で長期間ホールドしていたトルコリラを決済しました。

 

それについてはこちらでも予想しブログでまとめています。

予想はほぼ的中だったんですね・・・ 

www.okane.online

 

トルコリラを地方選挙前に決済する・・・ここまでは正解でした。

でも長期間保有していたので「スワップポイントがないことへの不安」が襲ってきました。

 

今までなら毎日、何もしなくてもコツコツとお金が入ってきたんですが、トルコリラのロングポジションを決裁したのでそれがなくなったわけです。

 

理屈では理解していたんですが・・・この時の心理状態までは予想できませんでした。

心理状態としてはこんな感じです。

①早くトルコリラを安く仕込みたい!

②小銭でもいいから毎日稼いでおきたい!

 

そうです・・・この気持ちの変化に自分でも気がついて「このままだ大きく負けるぞ」って思っていたんです。

 

そして低倍で大きく狩られる 

普段ならバイナリーオプションでポジションを簡単には持たない午前8時台ですが・・・何を勘違いしたのか低倍のポジションを持ってしまいました。

 

その時の気持ちとしては・・・

①今月プラスだし少しくらい負けてもいいか?

②最近のドル円はアゲアゲだし下から低倍だと確実か?

 

そんな適当な気持ちで低倍を購入しました。

そして当然ですが・・・予想も何もないので狩られます。

・・・するとさらに枚数増やして中倍勝負へと・・・負のスパイラル発生です。

 

この辺になると、ただの下手くそのトレードです。

そもそもそこで低倍のポジションを持つことが間違えているんです。

 

負けても仕方がないのに、そのお金を取り戻そうと「運任せの中倍勝負」をするので・・・

普通に大負けコースですね。

 

ポンドの動きが魅力的だった

もうすでに勝負をやめておくべきだったのに・・・

でも取り戻したい!って気持ちが理性に打ち勝つからトレードは怖いです。

 

そこで目を付けたのが英ポンドの動きです。

そうです、EU離脱案で派手な動きをしているポンドです。

 

ここで大きな大きなミスをします。

それはボラが出た時の逆張り

 

普段ならそれもいいのですが、こういう時のポンドの動きの場合は・・・

逆張りしても永遠に帰ってきません!

バイナリーオプションの場合は制限時間があるので)

 

なのに逆張り

当然ですが資金を大きく減らし・・・月曜日はマイナス10万円の大損失です。

3月の利益の半分が飛んでいきました。

 

火曜日に大勝負するも・・・ 

そして翌日の火曜日に大きく勝負に出ます。

 

昨日の動きでは昇竜拳のように上昇していたポンドなので・・・大きい枚数で上のラインに仕込む手法です。

 

でもね・・・東京時間に昨日のように動くわけないでしょ?

様子見てからでいいのでは?

そんな理性的な考えがほとんどないのが問題ですが・・・

 

当然負けて負けまくりました!

仕事があるので状態をチェックできない事もあったんですが・・・それが余計にイライラさせるわけです。

 

月曜日に10万円負けて、そして火曜日で12万円の負け・・・二日間で22万円負けとなり、3月の利益が全部飛びマイナスになりました。

信じられません・・・

一瞬あの悪夢を思い出しました・・・

 

3月の途中結果はこちらです。 

www.okane.online

 

気持ちを持ち直しヨーロッパタイムにすべてをかける

こうなるともう頭に血が上った状態ですが自分では冷静だと思い込んでいます。

それを知っているので、さらに冷静になるように心がけました。

まずは気になるチャートを見ずに気持ちを必死に切り返します。

 

そして・・・すぐにでも取り戻したい気持ちを抑えてヨーロッパタイムに神経を集中します。

 

なぜかというと・・・火曜日はEU離脱案の投票日です。

おまけに英指標など大きな指標もあります。

そして今日のポンドの動きは・・・下!

 

16時からのヨーロッパタイムは、安い価格のライン(当然一番遠いライン)で下を重点に買いまくりました。

 

後はそれの繰り返しです。

特に難しかったのは、一度下にチャートがぶっ飛ぶとその会合は圏外になって買うポジションがなくなることです。

 

その場合は、さらに次の会合のポジションを多少高くても早めに押さえました。

そして深夜までの戦いを繰り広げ・・・

 

結果はマイナス22万を全て取り戻しました・・・疲れた・・・

もうこんなトレードしたくない。 

マイナス22万円からのバイナリーのまとめ

 

たまたま運よく取り戻すことができただけで、実際にやったことは無茶苦茶です。

でも今後のためにまとめます。

 

【敗因と反省点】

安易な低倍率の勝負や、気の緩みでのトレードは少額でもリズムを狂わす。

負けた時はいったん手じまいをするべきなのに、取り戻そうと必死になり傷口が広かった。

勝負すべき部分で小さく買い、それを繰り返すことで勝ちが利益に繋がらない勝負をした。

 

【勝因】

勝負すべき部分(今回はヨーロッパタイム)にイメージと戦略練って勝負した。

勝負どころでは一撃勝負のつもりで大きく勝負した。

冷静になれた(ギリギリ)

 

今回は反省点も多いですが勉強になった部分もかなり多いです。

それはこちらの考え方で徹するように努力したおかげかも?

 

失う事を怖がらずに「期待値」で考えるように努力しました。

www.okane.online

 

今後も頑張ります!

いつも応援ありがとうございます。