老後資金と老後の生活マニュアル

老後資金や生活の不安解消のための在宅副業や生活情報を紹介します

【副収入と給料の資金管理はこれだ】サラリーマンが口座を四つに分けて自分で資金管理表を作ってみた結果

 

【副収入と給料の資金管理の方法のまとめ】

  • 資金管理は最終目的別に分けると便利
  • メインバンクと小遣い口座は分けるべし
  • すべて自動で資金移動するように設定したらあとは楽です

 

将来のための貯蓄や投資、また副収入が発生した時のお金の管理を考えたら、今までのように一つの口座ですべてを管理すると不便なことも増えます。

 

一つの口座のメリットとしては、それ一つだけを口座で管理すればいいので複雑に資金移動などがないって事です。

 

反対にデメリットは貯蓄用や投資用の口座で分かれていないので、僕のような浪費癖がある人からするととても危険という事です。

 

最初は面倒でも、しっかりと最初に自動振り込みなどを設定しておけば特に面倒もなく、それに貯蓄用や投資用などで口座を分けることで計画的にお金を使うことができます。

 

では効率的な資産管理の口座分けについてブログでまとめてみます。 

 

口座は目的別に四つに分けろ

口座は大きく四つに分けています。

その口座の最終的な目的に合わせて分けるのがコツです。

 

たとえば給料の振り込み用口座でも、その口座が最終的に何のための口座なのか?

その部分を明確に分けておく必要があるわけです。

 

私の場合は大きくはこのように分けています。

 

①借金返済用口座(必ず毎月入金があり、また返済額だけ残す)

給料の受け取り口座が最適です。

表ではA銀行(ネットバンク)です。

 

②支払い用口座

これは家賃や水道光熱費など生活に必要な支払いをまとめる口座としています。

この口座だけを見れば生活費が一目でわかるので便利です。

僕の場合はゆうちょ銀行にしています。

 

③副収入用口座

僕の場合はネット収益や投資の収益などで小遣いをまかなっています。

そのため小遣いはこの口座からしか使わないようにしています。

確定申告の時もこういう口座があると便利ですね!

表ではCネット銀行です。

 

④投資や積み立て用口座

これはFXや投資のための口座です。

証券会社とのやり取りやiDeCoや積み立てNISAのお金も基本はこちらで管理します。

表ではBネット銀行です。

 

資金の流れを表にまとめる

実際に口座を複数作って、それをすべて自動振り込みや引き落としで管理すると・・・かなりカオスな状態になります。

 

なので一度自分なりに表で整理してみました。

【資金管理表】

f:id:hennsaisurude:20190301161603j:plain

表にまとめてもかなりわかりにくいですが・・・

大まかなにはこのような流れになっています。

 

実際は自動で資金移動が行われるので見た目ほどカオスではないのですが・・・いつかまた何かのタイミングで整理しておきたいですね。 

 

目標としては借金が終わったときに一度整理をしたいと思います。

 

借金返済用口座

給料などのメインの収入はAネット銀行で受け取り、振込手数料のかかる借金の返済はそのAネット銀行でまかなうことで振込手数料を節約しています。

(返済できているか?など一目で見やすいのも利点です)

 

借金返済用口座の役割は三つだけです。

①給料を受け取る

②借金返済の振り込みをする

③毎月決まった日にBネット銀行が無料で自動資金移動をする

そして残りはゆうちょ銀行へ自動で振り込む形にしています。

 

これで何もしなくても借金返済後のほとんどの資金はゆうちょ銀行へ移動されます。

一部の資金は振込手数料無料でBネット銀行へ流れる仕組みです。

 

支払い用口座

支払い用口座はゆうちょ銀行にしています。

理由としては生活費などの支払い用なので一番ポピュラーなゆうちょ銀行の対応先が多いからということです。

 

そしてゆうちょ銀行は振込金額制限や出金制限をかけて、簡単にはお金を引き出せないようにしています。

 

ここでの役割は三つです。

①生活費の振り込みや自動引き落とし

②iDeCoの引き落とし

③残金は予備の現金で残す(貯蓄用ではなく引き出せる現金として)

 

副収入用口座

僕の場合は「副収入=小遣い」でもあるので、今は小遣い用の口座でもあります。

当然のことですが、メイン銀行のAネット銀行やゆうちょ銀行と直接的な資金移動はない仕組みです。

 

基本的に他の口座とリンクはさせずに単独で利用しています。

 

ただスワップポイントやFXなどでの利益の一部は、投資用口座からこちらへ資金移動できるようにしています。

 

また一部の資金はデビットカードなどの利用のため他の銀行へ資金を移すこともあります。

 

お得なデビットカードについてはこちらの記事も参考にしてください。 

www.hensai.online

投資や積み立て用口座

こちらは名前のとおり積み立てや将来の資産作りの口座です。

なのでiDeCoやNISAなどの手数料が安い住信SBI証券を使っています。

 

まずはBネット銀行へ自動での資金移動が行われます。

この際の手数料は無料です。

 

その後にそこから投信などの資金に利用されます。

 

こちらの記事も合わせてお読みください。 

www.okane.online

 

資金管理のまとめ

ここまで徹底して自分の資金管理をするなんて数年前までは考えもしませんでした。

初期設定はというか資金移動は自分で図を書いたりして研究しました。

 

特にポイントは「手数料」の問題です。

これだけお金が動くと手数料が発生するので、その手数料を無料にするために色々と試行錯誤しました。

 

結果的にほとんど振込手数料はかかりません。

 

やり始めると・・・なんだか結構楽しいですよ!

(実際は他の口座も少しずつ絡んでいますが・・・)

 

大切な資金なので少しでも手数料が安く、金利が高く・・・便利な使い方を研究してみてはどうでしょうか?

 

数十年後に大きな差が出ます!

 

みんなで一緒に稼ぎましょう!