サラリーマンFPがおすすめする【副業・投資・資産運用】ブログ

ファイナンシャルプランナーのサラリーマンが、誰でも簡単に副業や投資で資産を作る方法や日常をブログにしました。

【投資信託は20代の積み立て貯金】投資信託を貯蓄と割り切って考えればその効果が確実に分かる

当ブログでは投資信託、つみたてNISAについて何度も熱く語っています。

 

つみたてNISAは、特に若い世代が早い時期から始めることを強く推奨します。

 

今回は20代や30代から始める積み立てNISAメリットとデメリット投資ではなく貯蓄と考えるべき理由について分かりやすくまとめてみました。   

つみたてNISAのメリット 

積み立てNISAは現時点では最強の投資信託です。

 

それはその高い利回りだけでなく、税制優遇措置などが一番大きな理由です。

でも実際にはピンとこない方も多いと思うので、少し詳しくまとめてみました。

①高い利回り

NISAの魅力は高い利回りにあります。

後述しますが、実際は元本割れもありえますが、それをカバーするのが長期運用なんです。

 

30年の運用だと景気が悪い時、景気が良い時・・・どちらも継続して購入する形となります。

それをすることで結果的にリスクが平均化され、利回りも平均化するという事です。

 

その上で3%の利回り商品を選んで購入することで、30年後に大きな実りになります。

 

下の表はNISAを30年間(25歳から始めると55歳まで)、利回り3%目標に運用すると・・・2900万円という老後資金が確保できる計算式です。

f:id:hennsaisurude:20190206105647j:plain 

②非課税

株やFXなど投資一般的な取引では、利益に対して課税がされます。

 

これはFXの取り引きでの利益もそうですが・・・実は銀行金利にもつきます。

でも「つみたてNISA」は非課税です。(年間の上限あり)

 

せっかく利益が出たのに、税金で取られるって事は「つみたてNISA」にはありません。

自分の貯蓄のために行っているので・・・そこから税金が取られるのって理不尽ですよね?

 

つみたてNISAにはそれがありません。

これは長期間で貯蓄で運用するとなれば大きなメリットです! 

③長期運用だからこその低リスク 

つみたてNISAの威力が特に発揮されるのが「長期運用という部分」なんです。

長期で運用すればするほどその利回りはとんでもないものになります。

 

長期運用は50代くらいからだと難しくなります・・・

 

やはり30代や40代から、できれば20代からだと、積み立てNISAの最大の魅力の一つである「長期運用でリスク回避」の恩恵を受けることができます。

 

景気の良しあしに関わらず、長期にかけて毎月購入という分散購入のため元本割れの危険が大変少なくなります。

 

なので投資ではなく貯蓄として考えることが大切です。 

つみたてNISAのデメリット

当然ですがつみたてNISAにもデメリットがあります。

次は気になる「つみたてNISAのデメリット」をまとめてみました。

 

①低リスクだけどリスクは確実にある

元本割れ・・・これは避けようがない事実です。

大きな利益を目指してはいますが景気や商品に左右されてしまいます。

 

しかし積み立てNISAは金融庁が公認する優良商品だけの販売となっています。

また毎月にかけての長期運用と分散投資のため、短期的な景気にも左右されにくく、元本割れの危険性はかなり低いのですが・・・それでも100%の補償はありません。

 

この部分は最大のデメリットといえます。

②何を買えばいいのかわからない

金利だけを見てだけ、あとはただ預けるだけの銀行貯金と違って・・・NISAなどの投資信託は自分で商品を選ぶ必要があります。

 

ところが難しい単語や聞いたことがない商品が多くて、これがかなり煩わしく感じます。

実はこの自分で選ぶ部分が最大のメリットではあるのですが・・・はじめての方にとってはかなり面倒に感じるとも思います。

 

そういう場合はネットなどで色々調べるべきですが、当ブログでも定期的におすすめ商品はご紹介しています。

 

参考にぜひ合わせてご覧ください。

www.okane.online

つみたてNISAを投資ではなく貯蓄と割り切る理由のまとめ

このように積み立てNISAを詳しく調べると、その最大のメリットは「長期運用」から生れてくることが分かります。

 

短期の売買なら「株式投資」や「FX」で十分です。

 

そう考えると長期の銀行での積み立てより、積み立てNISAでコツコツと積み立てを行う感覚で運用することが・・・大きな利益を生むという事です。

 

銀行金利は税金が取られますが、つみたてNISAは非課税です。

税金と言っても大きな額ではありませんがこれが長期間にわたって続くと、その金額は大きなものになります。

 

【長期運用での積み金としてのメリット】

・銀行は金利にも税金がかかるが、つみたてNISAは非課税

・長期にかけて分散投資で運用するので、元本割れなどのリスクが大きく減る

・高金利は長期運用で大きな差になる

 

どうでしょうか?

まだ20代や30代なら、今のうちに「つみたてNISA」をぜひ検討してください。

つみたてNISAは、自分が好きな時に好きなタイミングでいつでも売却や解約も可能です。

 

www.okane.online

 

まずは気楽に始めてみませんか?