サラリーマンFPがおすすめする【副業・投資・資産運用】ブログ

ファイナンシャルプランナーのサラリーマンが、誰でも簡単に副業や投資で資産を作る方法や日常をブログにしました。

【信託型ストックオプション】会社からストックオプションが発行されたけどストックオプションってなに?

最近はIT企業系を中心として、自社役員や社員に対して給料にプラスして「インセンティブ制度」を設けている企業が増えています。

 

インセンティブ制度というのは分かりやすく言えば「成果報酬」です。

営業目標を達成したら手当てがつくようなものと同じですね。

 

このインセンティブ制度で金銭的な手当てではなく「自社株の購入権利」のことです。

 

ストックオプションを簡単に説明】

会社が従業員などに・・・

「うちの会社の新規発行の株を〇〇円で購入していいよ」

「でも時期は〇年間の間で自由な時にどうぞ」

「購入できる株数は決まっていますよ」

 

さて・・・

このストックオプションって具体的にはどうなの?

どんな効果があってどんな意味があるの?

 

今回はそれをブログでまとめてみました。

ストックオプションのメリット 

ストックオプションは自社の新規発行株を ①期限付き ②購入価格は固定 ③購入数も制限、このような形で給料とは別途にインセンティブとして発行されるものです。

 

どこに魅力があるのかっていうと

例えば新規の株価は上がります、会社の業績が良ければもっと上がります。

 

このストックオプションを行使する会社員は、株価が上がったときに自分が好きな時期(権利期間中)にストックオプションを行使すればいいんです。

 

分かりやすく言うとこうなります。

【分かりやすいストックオプションの行使】

ストックオプションで自社株を1000円で好きな時に保有できるようになったよ・・・どうしようかな?

②うわ自社の株価が2000円になった!今なら2000円で売ればかなり儲かるぞ!

ストックオプションを行使して自社株をすぐに高値で売っちゃえ!

 

このように自社株の売買で大きな利益をもらえるのがストックオプションです。

購入価格は株価が上がっても固定なので、株価が上がるまで待てばいいだけです。

※しかし株価が上がらなければ大きな利益はありません。

 

ストックオプションのメリットを簡単にまとめるとこうなります。

 

【企業側のメリット】

自社株を配るだけなので腹が痛まない。

株価が上がれば自分の利益に繋がるので社員の向上心に繋がる。

 

【従業員のメリット】

会社の業績に比例して利益が多くなる。

会社の貢献が自分の利益に繋がる。

 

このように株価を上げる為に一生懸命働き、それが会社や株主にとっての利益となる、というのがストックオプションの仕組みで、それが両社のメリットと言えます。 

ストックオプションのデメリット

これは会社側も従業員側も同じデメリットがあります。

それは会社の業績自体は良いのに、それ以外の要因で株価が上がらない事もあることです。

 

例えば日本の景気自体が低迷していたり、役員も従業員もがんばって経営自体は良い成績だけど、他の何らかのスキャンダルで株価が低迷する・・・そんな他の努力以外の要素で株価が低迷し思ったほどの結果が出ない場合もあります。

 

なんせ・・・現金ではなくて「株の購入権利」ですから仕方がないといえば仕方がありません。 

進化型ストックオプションの「信託型ストップオプション」 

従来のストップオプションにはそれなりに問題がありました。

 

【従来のストップオプションの問題点】

①社員の実際の貢献度と評価の差が生まれる

これはストックオプションが、現在の評価と同時に将来の期待も込めて発行されるものなので、発行後に対象の社員が思ったほど業績を上げていなくても、株価が上がれば大きな利益が発生することです。

 

②後でもらった社員は利益が少ない

これは会社が成長するので当然株価も上昇します。

初期にオプションを行使した社員は安い時期に権利をもらっているのですが、後で発行された社員はすでに株価も上がっている状態です。

その差益はかなり少なくなっています。

 

この二つの問題点を解決したのが「信託型ストックオプション」です。

 

【信託型ストックオプションの特徴】

従来型のように発行時に対象者や発行数を確定しなくていいのが最大の特徴!

この特徴のおかげで・・・

①発行時ではなくて一定の期間後に社員などに配分を決定できるので、公正な評価がしやすい。

②信託設定時に「ストックオプションの権利行使価格」を決めるので、後で配分する場合も、先に配分する場合も、同じ配分額になるので不公平感がない。

 

ストックオプションのまとめ 

ここ最近、少しずつ浸透してきたストックオプションですが、上場企業の場合は今後は主流となっていく事でしょう。

 

自社の業績が自分の収益にも反映されるってことは、ある意味素晴らしい制度です。

 

これを機会に「副収入目的の投資」にも目を向けてみるのはどうでしょうか?

一般的な貯蓄なんてもう古いですよ!

 

お金がお金を生む投資信託「積み立てNISA」や、最強の老後資金の「iDeCo」には積極的に取り組むのがいいと思っています。

 

いつも応援ありがとうございます。