老後資金と生活費と老後の生活マニュアル

余裕ある老後生活のための豆知識とスマホでも簡単にできる在宅副業ブログ

【不動産投資は危険】土地の価値が上がるのは2020年まで、その後は人口減少と合わせ下落する

f:id:hennsaisurude:20180111161004j:plain

投資や資産運用の一つの方法で「不動産投資」があります。

僕の友人も不動産投資をしたいと考えてるそうです。

 

実際に不動産会社の物件購入の動きは活発化していて、今は買い手市場とも言われています。

東京オリンピックの影響もあってか、不動産業界では50年に一度の不動産バブルと言われています。

 

実際に不動産価格も売却額が30%も上昇しているのでこれは凄いことです。

不動産保有者の7割が売却を考えてるというので驚きです。

 

・・・でも、バブルはバブルです。

 

東京オリンピック以降、2020年以降は不動産バブルも崩壊すると言われています。

今回は不動産バブルの危険性についてまとめてみました。 

 

2035年問題の到来 

いま日本で一番大きな問題は少子高齢化社会です。

2035年には5人に一人が高齢者という社会がやってきます。

しかし高齢者は増えるのに子供が少なく人口は激減の一途です。

 

直近の予想で言えば、東京オリンピックが開催される2020年以降は

  • 2020年に女性の2分の1が50歳以上の高齢化社会
  • 2025年には東京の人口も減り始める
  • 2027年には認知症患者が700万人で介護する側も認知症というケースも
  • 2030年には80%の都道府県で客不足(飲食店はもちろん、田舎では病院も)
  • 2035年に男性の3人に1人、女性の5人に1人が生涯未婚
  • 2039年に年間死亡者数が168万人とピークで墓と火葬場不足
  • 2040年に人口が減りすぎて約半数の市町村が消滅の危機 

このように「もう日本は終わるのか?」というほどの恐ろしい現実が待っています。

人口減少による不動産価値の下落 

人口が減少すると当然ですが空家が増えてきます。

空き家が増えるという事は「不動産価値」が下がるという事です。

 

今はオリンピック需要で30%も上昇している不動産ですが、2020年以降はどんどん借り手が減っていき・・・それが理由で不動産仮が下がる可能性が非常に高いという事です。

 

そんな予想があるのに不動産投資をするのはリスクが高いと言えます。

消費税増税の影響 

皆さんもご存知のように消費税が上がります。

消費税が上がるとその影響で買い手の負担が大きくなります。

5000万円の家を購入すると、買主の負担は100万円も増えます。

 

こうなると当然、購入者はいまより消極的になります。

人口減少によるユーザーの減少、消費税増税による購入意欲の減少・・・それでも不動産に投資をして利益が出るかと考えると疑問があります。 

不動産会社の株価にも影響

自分は不動産投資をしていないから大丈夫!

そんな方でも投資信託や株の投資で「不動産関連」がないかチェックをしてください。

 

直接不動産投資をしていなくても不動産系の会社の株価も下落する可能性があります。

投資信託に手を出している方はこの部分にも注意が必要です。

不動産価格や関連株が落ちるとは限りませんが、やはり注意すべき業界ではあります。

 

一度自分の持ち株や投資信託の銘柄をチェックしておくことが大事です。

 

いつも応援ありがとうございます。