老後資金と老後の生活マニュアル

老後資金や生活の不安解消のための在宅副業や生活情報を紹介します

【孤独死対策】老後の孤独死対策と老後の継続的な収入対策

 

さてさて

年々高齢者が増えてきていますし、ネットでも色々書かれていますが「孤独死」の問題は自分たちの将来としてもとても気になります。

 

そもそも、お金や資産が十分にあれば「孤独死」なんて気にしなくてもいいんですが、実際は「老後の生活が不安で仕方がない」って方のほうが多いのではないでしょうか?

 

なので今回はブログで「孤独死対策」と「老後の継続的な副収入対策」をシンプルに考えてみました。

今回のテーマは老後の副業です!

 

今からしておく孤独死対策は何がある? 

子供家族と同居、老人ホームで暮らす、そんな場合は心配はりませんが、自分一人で暮らす場合は「孤独死の不安」は避けて通れません。

 

ここはシンプルに考えてみます。

孤独死はいざという時に、誰かに気がついてもらうこと大事です。

いざという時は「孤独死した時」もしくは「危険がある時」です。

 

これが誰にも気がつかれずに数カ月放置とかは・・・絶対に避けたい事です。

できれば緊急時に連絡できればもっといいですよね。

 

せめて・・・1日以内には異変に気がついて欲しい

 

その対策は今はアプリの利用に尽きます。

今では孤独死対策専門のアプリが無料でも課金制であります。

色々あるもんですねー

孤独死対策専門アプリとは? 

孤独死対策アプリは数種類ありますが、基本的な機能としては自動通報があります。

 

これは長い間、スマホが充電されなかったり、スマホのバッテリー残量が1割以下の場合は、一定時間の経過後に位置情報を対象に送ります。

 

子供や親せきなどを通報対象に登録しておけばいいですね。

 

また上記の通報はバッテリー切れとかじゃなくても、時間を決めて定期的に送信もできます。

毎日夜の9時に充電状況や位置情報を送信とかですね。

 

でもアプリを使わなくても、家族に毎日LINEをするなどでも対応は可能ですね。

10年後にはもっと手軽にできるアプリが開発されていると思います。

 

5G時代ですから、高齢者の室内の様子も立体的に対象者に届けられるかも?

 

想像ですが・・・アルソックなどの警備会社がこういったサービスをするのではないか?とか思っています。

その場合は有料なので考えちゃいますが。

高齢になってもネット環境とスマホは必須 

いまのご老人には無理でも、これから高齢者になる方は面倒でもネット環境とスマホは必需品です。

 

必需品と言うより、ガス水道並みになければダメなアイテムです。

 

ネット環境があれば「孤独死」もアプリなどで色々と対策が立てられるわけです。

 

それだけではありません。

 

年金だけでは足りない老後資金も、ネット環境を利用してどんどん稼げる世界です。

なのでネットがなければ老後の生活は成り立ちません。 

老後の収入対策はネットを使うしかない

年金だけじゃ足りないので、70歳まではなんとか無理して働いても・・・それ以降も何とか収入が欲しいです。

今からiDeCo(イデコ)や積み立てNISAで対策をするのは当然ですが、それでも足りない方もいる訳です。

 

90歳まで生きるとして20年間は・・・やはり年金以外の収入が欲しいわけです。

しかしながら当然年を取っているので、外でも働けません。

 

そう考えると家でできるインドアの収入が大事です。

それこそ高齢者の在宅副業です。

 

そのインドアの収入となると、やはりブログやYouTubeです。

 

高齢者がブログやYouTubeをするのってイメージがわかないですが、それは今だからそう思うだけです。

 

今の高齢者はスマホも触ったことがない世代です。

でも今後高齢者になる世代はスマホ世代です。

 

新しい事を始めるのは難しくても、今からしておくので歳をとっても十分に可能です。

なので面倒でも、今のうちにブログやYouTubeなどの環境をしっかりと整えておくのが大切です。

 

これはiDeCoやNISAなどの資産運用より重要だと思っています。

 

「孤独死や老後の収入」の高齢者対策で必須条件は・・・ネット環境です。

具体的にはネットで稼ぐシステムを若いうちに構築しておく事!

 

これ・・・絶対に大切ですよ!

いつも応援ありがとうございます。