老後資金と生活費と老後の生活マニュアル

余裕ある老後生活のための豆知識とスマホでも簡単にできる在宅副業ブログ

老後の一人暮らしで必要な生活費と現実的な生活費を計算してみた結果

孤独死の話題でブログを書きましたが・・・孤独死ってことは一人暮らしという現実があるわけです。

 

老後の一人暮らし・・・

これは絶対に避けては通れません。

 

年金暮らしで一人暮らし、もし持ち家がなく住居がなければどうなるのか?

賃貸住宅で老後の生活はどうなるのか?

今回は一人暮らしで実際にかかる費用をシビアに計算してみました。

 

老後の平均的な生活費はこれだ 

老後にかかるであろう平均的な生活費と最低限の生活費はこうなります。

 

※「【平均的な生活の住居費2万円】高齢者の家賃2万円は無理なので年金だけでは暮らせない理由 - 人生リセットボタン借金ブログ」参照

f:id:hennsaisurude:20180515103437j:plain

ここで気になるのが住居費用です。

 

ここにある2万円の住居費用が家賃だとすると、実際は難しいので、これはあくまでも持ち家の場合の費用です。

 

それに実際は保険医療費はもう少しかかる気もします。

少し余裕を考えると持ち家の場合は、生活費が16万円あればいい計算となります。

持ち家がない場合の高齢者の生活費は?

持ち家がない場合は悲惨です。

家賃は地域によって変わりますが、1DKと考えて管理費もあるので安くても平均的に月に5万円は必要です。

 

そうなると16万円+住居費が3万円プラスされるので・・・19万円ないと余裕のある老後の生活は難しくなります。

 

しかし年金の平均額は12万程度と言われています。

もし女性の場合は厚生年金が含まれない場合があるのでもっと少なくなります。

 

そうなると・・・毎月7万円が不足するわけです。

65歳から90歳まで生きるとすると25年。

必要な貯蓄の金額は・・・2100万円です。

20代から30代の生活費はこれだ

実際にそんなにかかるもんなのか?

次に20代から30代の若者の一人暮らしの生活費の平均値を参考にします。

男性と女性で差があるので、一般的に支出が多いとされる男性を例にします。

 

①家賃 72,000円

②食費 35,000円

③水道光熱費 8,000円

④通信費 11,000円

⑤飲み会代、デート代 26,000円

⑥趣味娯楽費 18,000円

⑦日用品・消耗品 6,000円

合計 176,000円

 

この世代だと医療費や保険代がほとんどありません。

その代わり飲み代や趣味代が多く出ていますね。

そういった部分を差し引いたとしても・・・やはり月に17万円は必要なようです。

結果的に賃貸住居で老後にかかる費用は?

若い世代の一人暮らしと比較した場合・・・おおよそですが

老後にゆとりを持って生活する最低限の資金は18万円程度と思っていいようです。

 

もらえる平均的な年金が12万円・・・では残りの6万円はどうするか?

そんな不安があり、皆さんが今から貯蓄をするわけですが・・・実際に貯蓄をしてもお金は増えません!

 

なので今、若者の中でもiDeCoや積み立てNISAが人気なわけです。

ところがそういう積み立てもできない・・・悲惨な状態だとどうするのか?

それが問題になってきます。

老後も継続的に入る副収入を確保すべき 

まずは貯蓄と老後も継続的に入る副収入でまかなうしかありません。

それついての対策はこちらでも詳しく書いています。

 

今から準備をしておけば、高齢者でも65歳をすぎても継続的な副収入は望めます。

ぜひ合わせてお読みください。 

www.okane.online

公営住宅を利用することも大事 

老後に住むところがなければ、自治体が運営している公営住宅を利用することも検討しましょう。

お金がないので住む場所なんてこだわるのはダメです。

 

公営住宅の場合は「収入制限」がありますが、老齢年金だけが収入の場合は安く借りることができます。

 

最近では「保証人不要」の自治体も出てきています。

身寄りのない高齢者としては少し安心です。

問題は・・・入居するための抽選です。

 

今後は下流老人がどんどん増えてきます。

www.hensai.online

しかし・・・安い公営住宅を狙う高齢者のライバルも増えています。

 

ところが今後は民間の空き住宅もどんどん増えて、高齢者もどんどん借りやすくなるという話も出てきています。

 

ただし確実な話ではないので安心はできませんね。

 

そこまで悲観的に考える必要もないようですが、今からできることはしっかりしておくことも大事です。

 

今後もしっかりと副業についてブログでまとめていきたいと思っています。

いつも応援ありがとうございます。