老後資金と老後の生活マニュアル

老後資金や生活の不安解消のための在宅副業や生活情報を紹介します

【ミドル世代の老後資金】45歳から毎月4万円を投資信託で運用するとどうなる?

 

50歳から老後資金の確保のためにどうすればいいのか?

今回は「ミドル世代の老後資金準備」の中で「45歳から夫婦で毎月4万円を貯蓄した場合」についてシミュレーションして研究していきます。

 

「50歳から毎月5万円の貯蓄」の記事が好評だったため、さらに深く掘り下げる事にしました。 

 

前回の記事はこちらです。

www.okane.online

 

 

40歳夫婦の平均貯蓄額は940万円

2016年に発表された金融広報中央委員会の「家計の金融行動に関する世論調査2016年」によると、40歳夫婦の平均貯蓄額は940万円となっています。

 

ちなみに・・・このようになっています。

30代夫婦は610万円

50代夫婦は1650万円

60代夫婦は2200万円 

 

そんなに!

ありえない・・・気もしますが

 

あくまでも平均値らしいです!

本当かよ!

 

まあ・・・最近のこういう系の発表は鵜呑みにできませんが

とりあえずの参考としましょう!

 

でも今回は・・・45歳で940万円どころか

45歳で老後資金0円の夫婦世帯のための記事です。

 

では実際に老後資金0円から始めるとして、毎月4万円を投資信託で運用した場合は・・・

20年後にはどうなってるんでしょうか? 

45歳から毎月4万円を投資信託で運用した結果 

では実際に45歳から年金支給までの65歳までの20年間にかけて、夫婦で老後資金のために「利回り3%の積み立てNISAで運用」した場合にはどうなるのかを試算しました。

 

まずは結果はこうなります。

老後資金は1300万円です。

f:id:hennsaisurude:20190621105113j:plain

さらにグラフ化した場合はこうなります。

この1310万円になる過程を見てみましょう。

f:id:hennsaisurude:20190621105254j:plain

積み立てNISAの場合は「あくまでも目標」なので元本割れの可能性もありますが、3%の利回りで考えると・・・可能性は十分にあります。

 

でもさすがに・・・夫婦で老後に1300万円は少し物足りない気もします。

夫婦で毎月6万円を積み立てNISAで運用したらどうなる? 

さすがに夫婦で老後資金1300万円は物足りない数字なので、もう少しだけがんばって月々の積み立ての運用額を上げてみます。

 

例えば月々4万円を6万円に上げれば・・・どうなるのでしょうか?

 

これを先ほど同じように試算すると

なんと夫婦で1970万円の老後資金が見込めます!

45歳で貯蓄0円でも老後資金2000万円は可能 

65歳から必要とされる老後の支出は夫婦で35.4万円と言われています。

 

そして平均的な年金などの収入は20.9万円なので・・・

65歳から95歳までの30年間で毎月5.5万円が不足すると予想されています。

 

その結果として老後資金が夫婦で2000万円必要とされているのですが・・・

 

45歳からでも「毎月6万円」を利回り3%で運用できれば

1970万円の資産ができ、老後も大丈夫という結果が出ました。

 

でも毎月6万円も積み立てに回すのはキツイ・・・

そんな方もいると思うのでさらに考えてみましょう!

生命保険と通信費の見直しで月に3万円は作れる 

家賃は固定費なので1万円でも5千円でも安いところを選びますよね?

それと同じで・・・

 

生命保険などの保険料も

スマホなどの通信費も固定費なんです!

 

ここをしっかりと節約し工夫することで、夫婦で月に3万円は作ることができます。

逆に言えば・・・今まで無駄に支払っていたお金になります。 

 

例えば今使っているスマホなどの通信費だって

格安SIMを使う事で一人毎月2000円まで減らすことは可能です。

 

これだけで夫婦で16,000円は生活費が浮くことになります。 

ぜひこちらのブログも合わせて参考にしてみてください。 

毎月払っている生命保険も見直すとそこから大きなお金が生まれます。

個人的には貯蓄型の生命保険は無駄だと思っています。

 

それを医療保険メインに切り替えるだけでかなりお得になります。

こちらでも説明していますのでぜひ参考にしてください。

このように家賃以外の毎月の固定費である「通信費と保険代」を見直すだけでも2万円~3万円のお金が生まれます。

 

これだけで月に3万円は確保できました!

45歳からでも十分に貯蓄は可能のまとめ 

どうでしょうか?

もう無理だ・・・と思っていても「具体的に計画」を立てるといきなり可能性が出てきませんか?

 

高齢者の両親がいつも言っています。

「結構どうにでもなるもんだ・・・」

 

最近はこの言葉に重みを感じています。

日本だから・・・どうにか生きて行けるようになっているんでしょうね?

 

いつも応援ありがとうございます。