老後資金と生活費と老後の生活マニュアル

余裕ある老後生活のための豆知識と簡単にできる在宅副業ブログ

【銀行の金利と投資信託の利回りの比較】毎月5万円を運用したら銀行とイデコの差はどの程度?

 

ゆうちょ、みずほ銀行、りそな銀行など大手金融機関の定期貯金の金利は0.01%です。

かたやiDeCoなどの確定拠出年金の利回りは、平均して3.1%となっています。

 

定期貯金の金利は0.01%

NISAでの運用利回りは3.1%

定期貯金とiDeCoで・・・なんと0.01%と3.1%の利益差!

 

仮にもし?

毎月5万円を10年間、ゆうちょとiDeCo(イデコ)で積み立てたとします。

25歳から毎月5万円をコツコツと・・・

 

35歳になるころにはどの程度の差があるんでしょうか?

今回は「銀行の金利と投資信託の利回りの比較」を、ブログでまとめてみました。

 

確定拠出年金の平均的な利回りは? 

企業年金連合会が2019年2月に発表した確定拠出年金実態調査の結果はこうなっています。

 

ただし、こちらは企業年金連合会の発表ですから企業型確定拠出年金のデータになります。

2017年度の平均利回りは3.1%となっています。 

f:id:hennsaisurude:20190702103610p:plain

出典:企業年金連合会「確定拠出年金実態調査の結果」より

銀行の定期貯金の金利は? 

金利が比較的に良い銀行では0.3%程度もありますが、大手の銀行では・・・

三菱UFJ銀行(年0.010%)

みずほ銀行(年0.010%)

ゆうちょ銀行(年0.010%)

このような状態です。

 

銀行金利が本当に酷い状況だと分かると思います。

銀行の金利とiDeCoの10年間の運用益を比較してみた結果 

では実際に、毎月5万円を10年間預けた場合はどうなるのか?

銀行と投資信託で比較してみました。

 

まずは銀行です。

年利0.01%

その結果は6,002,976円 金利は2,976円です。

f:id:hennsaisurude:20190704153737j:plain

 

次はiDeCoやNISAなどの投資信託です。

平均利回りは0.31%となっています。

その結果は7,023,488円 1,023,488円の利回りです。

f:id:hennsaisurude:20190704153914j:plain

何もしなくても2,976円と1,023,488円の差です。

もちろん投資信託には元本割れのリスクもありますが、比較してみるとどう感じたでしょうか?

銀行と投資信託で毎月5万円を10年間運用した比較のまとめ 

実際に比較してみると大きな差が出ます。

先ほども説明しましたが、投資信託には元本割れのリスクはあります。

 

景気に左右されやすいので仕方がありませんが、だからこそ長期の資産運用では「景気のリスクが減り」ます。

 

分かりやすく言うと、景気が良い時も悪い時もどちらもカバーする長期運用だと安心ができます。 

 

ちなみに、銀行の定期貯金と、NISAやiDeCoなどの投資信託で・・・仮に毎月10万円を運用すると

・・・10年後にはなんと200万円の差が出ます。

 

大きな差です。

同じ給料の人でも「資産運用の仕方」でこんなに差が出るんです。

 

知らぬが損!

面倒でも始めちゃえ!

 

こちらの記事も合わせれお読みください。

www.okane.online